唯一無二のあじわい

img_6992

おはようございます。

昨日はGreenMind主催の「うちのてまえ味噌づくり」

賑やかに開催できました。

味噌の歴史をちょこっと知っていただき、発酵のメカニズムなどなど、今回は色々とお話させていただきました。お味噌が日を重ねるごとに味も変わっていくことのあたりまえ。その違いを味わっていただくことで感じていただけたのではないでしょうか。

いつまでも味わいが変わらないのはあたりまえではないのです。

私たちのワークショップでは、「自分たちで作ってみる。」を大切にしています。ミンサーなどの器械を使わないので潰す工程から混ぜる工程まで全て、家族みんなのたくさんの手が関わります。

小さな手と大きな手が糀を混ぜ、大豆を混ぜ、美味しい美味しいお味噌が仕込まれていきます。

これから一年近くお家で一緒に暮らします。そうやってできたモノへの愛着や感謝、感動からは栄養だけではない命そのものがいただけるんじゃないかと信じています。

どうかまた一年、しっかり育ちますように。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


1.17 思い

1995年1月17日。

地鳴りと激しい揺れで飛び起きたことを思い出します。

TVに映し出される映像をみて、まるで空襲だと涙した母を思い出します。

学校が休校になり、友人たちが来なくなり、水を運ぶために何度も何度も往復したことを思い出します。

一瞬で日常が停止し、もう一度日常を取り戻すために一斉に動き出した人々。

もっともっと  たくさんの経験と思いが、今日ひとつになって思い出される日。

この時、この場所にいたことの意味を考えたいと思います。

 

あの日から、8036日(神戸新聞 【特集】阪神淡路大震災)

photo85l(神戸港震災メモリアルパーク)

 

 

 

うちの味噌をどうぞ

毎日の食卓に並ぶお味噌汁。

皆さん、お味噌ってどうされていますか。

お店で買って冷蔵庫から出して…が当たり前だけれど、昔はどこの家でも畑で採れた大豆からお味噌を仕込んでいました。
その家、その家で仕込む豆も時期も、そして手やおうちの空気もそれぞれの中で育てられた味噌を使うことが当たり前だったのですね。

それはおばあちゃんの味だったり、お母さんの味だったり。毎日の優しい味わいは自然と”おふくろの味”として記憶に刻まれていったのです。

さて、皆さん。

「味噌は買うもの」という私たちが思う「当たり前」は本当に当たり前なのでしょうか。

日常の中にあるたくさんの”当たり前”が、そうじゃないかもしれないよっていうことを一緒に気づいて、毎日の「食」から、自然からの恵とそれを取り巻く環境に感謝をし、ほんの少しの心の豊かさを感じていきたいという思いで、毎年続けていきたいと思っていることがあります。

それが「味噌の仕込み」。

一人だと少し億劫だったりするのですが・・・本当に簡単にできるんです。

わいわいとおしゃべりしながら今回みなさんに仕込んでいただくお味噌は、一年後、まろやかで優しくて、大豆の香り豊かなお味噌に仕上がります。
毎日のお料理を、買ったお味噌とは違う、 うちの味噌味” でちょこっとぜいたくにしませんか。

材料の関係上、そんなにたくさんの方にご参加はいただけないのですが、ご興味のある方はどうぞ。

 

%e5%91%b3%e5%99%8c%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%a1%88%e5%86%85%e5%91%b3%e5%99%8c%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%a1%88%e5%86%852

あけました2017年

あけましておめでとうございます。

今年、2017年のお正月は穏やかなお天気が続き、初登山、初詣など出かけられる方が多かったようです。

年があらたまると、目に映るすべてのものがキラキラと新しく見えます。

そして何かしら気が引き締まる思いがするものですね。

 

今年もいろんなことに挑戦していきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

一年の振り返り  まぁるく納めましょう

img_0590

メリークリスマスのその日、GreenMindでは恒例の丸餅づくり。

餅つき器でするので、餅つきとは言いにくいのですが…^ – ^

それでも、蒸している待ち時間には、みんなで一年を振り返り、つきたてのお餅をゴマやきな粉で味わい、わいわいがやがやと賑やかな時間でした。

たくさんのお餅を丸め、お餅のイノベーションにもチャレンジし(⁉︎)あっという間の一日でした。


2016年、皆様はどんな一年でしたか。GreenMindはいろんな意味でひとまわり成長できた一年でした。

来年はさらなる飛躍、変革の年にしたいと思っています。
大晦日はどうやら穏やかな冬晴れの一日になりそうです。

どうか皆様、よいお年をお迎えください。

ただ伝えたいのは心地よさ

年の瀬が近づいてきました。

なんだかソワソワ。気持ちが慌ただしくなるのはなぜでしょうか。

幼い頃、祖母がいた頃は、年末になるともち米を用意し、お餅つきの準備やらお正月のお飾りの準備やらで忙しくしていたからでしょうか。

近所からも人が集まり、親戚の叔父さんや叔母さんが集まり、朝早くからもち米を蒸すいい香りが立ち込め、しばらくするとワイワイと餅つきぐ始まります。

熱々つきたての餅を、大根おろしや砂糖醤油、きな粉…思い思いの味で好きなだけ食べたりして。

そんな記憶は大人になった今でも心地よく思い出されます。

「お餅つきという、収穫を祝いお正月を迎えるために繰り返されてきた日本の行事。文化や暮らしを伝えていきたい。」

それもそうなんですが、

「私たちが感じ、思い出される「心地よい」食の記憶を次の世代もまたその次の世代にも味わって欲しい。」

そう言葉にする方がしっくりくるのです。

大きなことはできないけれど、少しだけれど、できることを皆で繰り返すことができればと思っています。

 

大切な人への贈り物

img_6215

「プレゼント」

するのも、されるのもその瞬間は幸せな空気で満たされます。

プレゼントを贈るときは、その人を思い、贈り物が与えてくれる幸せとその人の笑顔を思い浮かべながら選びます。選んでいる瞬間は大切な人のことで満たされた時間になります。

プレゼントを頂いたときは、贈り物から、その人が自分に寄せてくれた思いや愛を感じ、感謝の気持ちでいっぱいになります。

贈る側も贈られる側も幸せにしてくれる。

そんな「プレゼント」が大好きです。

GreenMindにいただくご依頼のほとんどは、出産のお祝いのご依頼になります。

扱っているのは離乳食なので、当然といえば当然なのですが、

無事に生まれてきてくれた喜び、ママへの労い、励まし、感謝・・・そしてこれから健やかに育ってほしいという願い。

たくさんの想いを大切に、溢れてこぼれないようにそぉっとそぉっと箱にしまいます。

このお仕事をしているときは、私たちも幸せで優しい気持ちに包まれます。

 

もうすぐクリスマス。

サンタクロースやサンタクロースに代わって贈られるプレゼントでまち中が幸せな気持ちで満たされる季節ですね。

今年初めてクリスマスを迎える小さなBabyにも優しい素敵な贈り物が届きますように。

GIFTのご依頼はこちらからどうぞ→赤ちゃんのためのお粥公式HP(オンラインストア)

 

食べることは生きること~ゼロ歳からの食育~

img_4930

「食べることは生きること」

だって、私たちの身体は細胞のひとつひとつが口から入れる食べ物でつくられ、その活動が維持されているんですもの。

きちんと選んで美味しく幸せに食べたもので満たされたいと常々思います。

「食べることは生きること」が始まったばかりの大切な時期の「食」が離乳食です。

赤ちゃんは私たちよりもずっとずっと繊細に味を感じることができます。

そして、これから”一生もの”となる味覚や五感を形成していくのです。

そんな時だからこそ、複雑な味付けで隠されることのない、シンプルに素材を感じられるようなもので、「ホンモノ」を覚えてほしいですよね。

私たちは子どもたちのために”よいもの”を選んでやりたいと思います。だけど、いつまでも子どもの成長にかかわることはできません。

子どもたちは、いつか私たちのもとを旅立ち、自分で選び自分で生きていかなければなりません。

そんなとき、自分にとって正しい選択ができる大人になってほしい。

正しい食を選ぶ感覚をもった子は、きっとあらゆる面で正しい選択が出きる子だと信じています。

GreenMinがシンプルなお粥にこだわる理由のひとつはここにあります。

ふたつ目は次回に。

こちらのブログでも過去に同じようなことをお伝えしています。(0歳からの食育)
何度でも言いたい!(^ ^;)

赤ちゃんのためのお粥

「ゼロ歳からの食育」にお役立ていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

香り高いお味噌できました

img_6702-1

今年の1月24日、手前味噌ワークショップにて皆さんと一緒に仕込んだお味噌ができました。

(当日の様子、FBにアップしたままblog書くの忘れてました…!)

FBページはこちら

夏が暑かったせいか、一年を待たずしっかり発酵しています。

濃いめの仕上がりだったので、味も濃いめかと思いきや、まろやかで大豆の香りが柔らかく香る、美味しい味噌に仕上がっています。

これぞ出汁いらず。

そうは言っても、お出汁のお味噌汁の方がやっぱり美味しいですけどね。

月日をかけて仕上がるものとある暮らしは、巡り巡る季節を感じることができます。

豊かさを感じる瞬間です。


来年も1月ごろに味噌づくりを予定しています。

楽しみにお待ちくださいね。