実りのフェスティバル

東京。

先週のことになりますが、行ってきました 実りのフェステバル2018。

例年、秋篠宮さまもお見えになるらしく、スタッフの方からも、今年もお見えになり、GreenMind赤ちゃんのためのお粥が展示されているコーナーを丁寧にご覧になったと聞きました。

私たちの未来の子どもたちへの取り組み理念が少しでも伝わり拡がれば祈るばかりです。

GreenMindの新しい挑戦は有機JAS認証への取り組みです。

色々と勉強する中で迷いもありましたが、真摯に想いを込めて取り組む農家さんの出会い、子どもたちの未来の食を想う新しい仲間たちとの出会いが背中を押してくれました。

乞うご期待!です

広告

実りのフェスティバルへGo!

11月2日から3日、東京で開催される実りのフェスティバルでブース展示させていただくことになりました。

農林水産省ブース。テーマは「未来に繋がる持続可能な農業推進」

なんと恐れ多いテーマ・・・。

でも、GreenMindが掲げてきた「子どもたちの未来の食を守るために」という理念にぴったりのテーマです。

安心できる食は、安心できる農地や育ててくれる農家さんがあってこそです。その環境を守るために『離乳食』という形で農産物加工することで、お米の販路拡大の一助になろうと取り組んできました。

小さな会社の大きな野望ですが、力強く応援してくださる方々がいてくれるというのは心強いです。

実りの秋。

全国のこだわりの農産物が集まるようです。

皆さまのぜひお立ち寄りください!(入場無料です♪)

◆ 日時
平成30年11月2日(金)~3日(土)2日間
午前10時~午後5時(3日は午後4時)

◆ 場所
東京都豊島区東池袋
サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル4階 展示ホールAimage5

神在月(の直前に)に頂いたご縁

GreenMind 赤ちゃんのためのお粥

最近まではプレーンのみでした。

「無添加」は当然味付けもなし。

まれに塩が少し入っている商品もあったりしますが、GreenMindの赤ちゃんのためのお粥は、完全に徹底的に無添加です。(笑)

そんな赤ちゃんのためのお粥シリーズに、だし仕立てが登場したのは最近のことです。

離乳食の基本となるシンプルなお粥にこだわってきましたが、やっぱり”だし”のうま味も味わってほしいということで、素材を選んで発売となったわけですが・・・

(詳しくは過去のページもご覧くださいね。お出汁のある日常)

その素材として選んだ”かつお節”。

特別に特別なものではないんです。ただ、海の恵みをありのままに、かつお本来の香りが味わえるよう、毎度削りたてを丁寧に送ってくださる所にお世話になっているんですが、先日ふと思い立って、訪ねてきました!

出雲の「松が枝屋」さんです。

思ったとおりのお人柄。

削りたてを多くの方に味わってほしいという思いから、お店で削り器の貸出をされていたり、かつおや昆布のために照明に気をつかわれていたり・・・ひとつひとつが丁寧でとても信頼できました。

直接お出会いして、お話して、互いの苦労話で大盛りあがり。

お尋ねしたのは神在月の前月の月末でしたが、出雲の神様にいいご縁をいただきました。

わくわく広場コピス吉祥寺店が取扱店に仲間入り!

こんにちは。

赤ちゃんのためのお粥のGreenMindです。

さて、皆さんご承知のとおり、赤ちゃんのためのお粥の取り扱いはOnlineShopのご案内がほとんどです。

もともと在庫をほとんど持たないこともあって、店舗様でのお取り扱いは申し訳なくお断りすることが多かったのですが、最近はお客様からのお問合せも多く、ご縁あればと思っているところです。

そしてこの度、東京・吉祥寺にある「わくわく広場 コピス吉祥寺店」さんでお取り扱いいただくことになりました。

数が少ない場合は、OnlineShopだと、どうしても送料を頂かないといけないので心苦しくもあったのですが、実店舗のお取り扱いで、ほんの少し、皆さまにも手にとっていただきやすくなったかなと思う今日この頃です。

吉祥寺店は新しくできたお店ですが、つくる人と食べる人、どちらの笑顔も大切にされている素敵なお店ですので、皆様もぜひ足をお運びくださいね。

「わくわく広場 コピス吉祥寺店」

wakuwaku

 

今年はいろいろありました

新年でもないのですが、お米が無事に収穫されると、また一年が始まるなという気になります。

今年は、西日本、とりわけ岡山や兵庫県では珍しく雨が続きました。

台風も日本大好きかのごとく縦断するコースが多く、近くでもたくさんの土砂災害や水の被害がでました。

農作物は自然の恵を分けていただいているので、当然ながら被害も。。。

いまだに塩害で苦しんでおられる農家さんも多く心が痛みます。

兵庫県三田市ではおかげさまで、無事にお米の収穫も終わりました。

今は酒米、山田錦の収穫最盛期です。

黄金色の穂、日が暮れるまで作業される姿を見ると

大切なお米を分けていただいて子どもたちに、これが日本の、自慢のお米だと伝わるような「食」を届けなければと思い、身が引き締まる思いです。

一年に一度、いただいた恵を大切に 皆さまにお届けしたいと思います。

 

 

 

東急ハンズ三宮店で期間限定販売です

こんばんは。

赤ちゃんのためのお粥 GreenMindです。

さて、赤ちゃんのためのお粥は、店舗でのお取扱はほとんどなくOnline Shopでのご購入となっています。

ここにはGreenMindなりのこだわりがありまして。

取扱店のお問い合わせも多い中、皆様にもご不便をおかけしているところもあるかと思いますが、数あるBabyfoodの中から赤ちゃんのためのお粥を選んでくださった方には、できるだけ作りたてに近いものをお届けしていきたいという思いからなのです。

そんな中、期間限定ではありますが、東急ハンズ三宮店30周年企画 五つ星ひょうご選定商品の限定販売に参加させていただくことになりました。

そして、これを機に、赤ちゃんのためのお粥 だし仕立てシリーズの7か月頃からと9ヶ月頃からご利用いただける商品も新発売です!

1つからお試しでご購入いただける貴重な機会となりますので、ぜひお立ち寄りくださいね。

期間:4月28日から5月23日まで

店舗:東急ハンズ三宮店

DM画像

 

笑いの保育わくわくでワクワク企画

こんばんは。GreenMindです。

突然ですが

ご縁あって、神戸で子育て企画のイベントやプロデュースをされている「笑いの保育わくわく」様とわくわくなコラボ企画を実施中です。

Instgramを使って、たくさんのBabyに「赤ちゃんのためのお粥」を試していただける企画になっています。

「こんにちは ひょうごっこ」でも好評だった3パックsetをあなたの元にお届けします。

Instgramでご紹介いただいたり、赤ちゃんのためのお粥を食べてくれているBabyの写真をお送りいただける方、この機会に、ぜひご参加ください!

#赤ちゃんのためのお粥 #笑いの保育わくわく #ベビーフード #プレゼント企画

 

View this post on Instagram

子育て中のママパパへ Amazonで人気のGreenMindさん× 子育てイベントでおなじみの笑いの保育わくわくのプレゼント企画が実現しました☺︎ 赤ちゃんのためのお粥3パックセットを2名の方へプレゼント🎁 ・ ▷応募期間 2018.4.1-4/30の日付が変わるまで ・ ・ ▷応募条件 ①フォロワー様であること(新規でもOKですが今後ともフォローしてくださる方) ②日本にお住まいの方 ③当選後、住所等を教えていただき、ご自身のインスタで紹介していただける方、食べている写真を送っていただける方 ・ ▷応募方法 ⑴@warainohoiku_wakuwaku をフォロー ⑵1枚目の画面をスクショして希望の商品番号・お子様の月齢を記入の上post その際、写真に必ず@warainohoiku_wakuwakuのタグ付け(※タグ付けができていないと確認できません) また、こちらのハッシュタグ↓ #赤ちゃんのためのお粥 #笑いの保育わくわく#プレゼント企画 3点の記載をよろしくお願いします ⑶応募者様の投稿に笑いの保育わくわくからのイイネがあれば応募完了です ・ タグ付けが出来ていないと無効になりますのでご注意ください⚠️ ・ ・ たくさんのご応募お待ちしております☺︎ #ベビー#baby#キッズ#ベビーモデル#ベビーモデル募集#モニター#モニターモデル#モニターモデル募集#ベビー用品#ベビーファッション#関西ママ#神戸ママ#離乳食#5ヶ月#7ヶ月#9ヶ月#12ヶ月#greenmind#笑いの保育わくわく ・ おとなもこどももみんなみんなわくわく

A post shared by 笑いの保育わくわく (@warainohoiku_wakuwaku) on

菌に紡がれる世界

今年は、時折雪がちらつく中、できたてほやほや ピカピカの米糀と、甘い甘い大豆の香り、子どもたちの笑い声で満たされた古民家の縁さんで、気持ちよくお味噌を仕込むことができました。
毎年参加してくださると、子どもたちの身体的な成長もさることながら、手際の良さに驚かされます。
覚えてくれているのですね。
そんなことが嬉しくてニヤついてしまいます。
「発酵」が創り出すのは、出来あがった味噌だけではありません。
発酵食品の多くは「混ぜて待つ。」です。
ワークショップは混ぜるだけなんです。
でも、私たちも子どもたちはそこから季節を感じます。
そして使うものはというと
大豆は丁寧に育てられ選別されていました。
糀は長い時間をかけて菌が育てられます。
そしてそれらを混ぜてからは長い時間をかけて菌が育てます。
出来上がるまでには多くの人の手が関わり、多くの人がつながっていくのです。
今日はその世界観に改めて感動しました。
WS終了後には「学おじさんの珈琲工房」のエクアドルアンデスマウンテン(オーガニック)でほっと一息。
来年も、またその次の年も、こうやって子どもたちと一緒に季節のお仕事を続けていきたいと思っています。

あけましておめでとうございます

皆さま 新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、赤ちゃんのためのお粥、そしてGreen Mindを応援していただき誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

年始、Green Mindとして発信し続けなければならないメッセージと使命を思い起こさせてくれる機会をいただきました。

「生きること と 食べること」

少しでも皆さまのお役に立てるよう、今年はもっともっと発信していこうと思います。